TECH

WindowsからLinuxの共有フォルダにアクセスする(samba構築)

投稿日:

 

WindowsからLinuxの共有フォルダにアクセスする方法です。

必要なものは samba のみ!いたって簡単です。

実行環境は Window10 と CentOS8 になります。

 

早速いきましょう!

Sambaのインストール

# dnf -y install samba

dnfのところはyumでも大丈夫です。

 

firewallの設定

# firewall-cmd --add-service=samba --permanent
# firewall-cmd --reload
# firewall-cmd --list-all

sambaを許可し、--reload で設定の反映

最後の --list-all で設定の確認を行います。

 

共有フォルダ作成

# mkdir /home/work

任意の場所に置いてください!

次にフォルダの権限を設定します。

# chmod -R 777 work
# chown -R nobody:nobody work

ログインは成功しますが、このままだとアクセスできないので
SELinuxの設定に変更を加えます。

# setsebool -P samba_enable_home_dirs on

 

アクセス用ユーザ作成

# useradd test
# passwd test

すでにあるユーザーを利用しても構いません!

次にWindows属性を追加します。

# pdbedit -a -u test

パスワードの作成を求められますので、2回パスワードを入力します。

成功すると、詳細な情報がずらっと出力されます。

 

設定ファイルの編集

もうすぐで完成です。

# vi /etc/samba/smb.conf

上記コマンドで設定ファイルを編集します。

以下の部分を修正、追記してください。

[global]
# Windowsで利用するワークグループ名に修正
workgroup = WORKGROUP

# 以下追記、[ ]内は任意のフォルダ名を指定
[work]
#共有させるフォルダ
path = /home/work/
#マイネットワークに表示させるか否か
browsable = yes
#書き込み可能かどうか
writable = yes
#ゲストユーザのログインが可能かどうか
guest ok = yes
#読込みのみとするか
read only = no

 

サービススタート、設定反映

# systemctl start smb
# systemctl enable smb

これで共有フォルダにアクセスできます!

Window側でエクスプローラーを開き、「\\IPアドレス」を入力してアクセスしましょう。

認証画面が表示されるので、先ほど作ったユーザーの情報を入力すると、無事共有フォルダにアクセスできます!

 

参考資料

CentOS 7のSamba4でライセンス不要 Windows向けファイルサーバーを構築

https://www.rem-system.com/centos-samba/

CentOS上でSAMBAサーバを立ちあげてWindowsからアクセスするためのメモ

https://futurismo.biz/archives/1390

 

 

以上となります!

お読みいただきありがとうございました!

-TECH
-,

Copyright© 紳士は変態がお好き , 2019 All Rights Reserved.