TECH

JDBCとDBの接続!復習のために。

投稿日:

 

JDBCとDB(データベース)を接続するのにかなり時間がかかりました。

そのためこの経験を忘れぬよう、ブログで復習します。

 

参考までにどうぞ。

 

それぞれの役割

それぞれが一体何の役割をしているのか、まずは定義をしっかりおさらいして把握していきましょう。

 

・JDBC

リレーショナル・データベース(および、ほとんどすべての表形式のデータ)にアクセスするための、標準Java API。Java言語でDBMSにアクセスする標準的手段(標準APIに含まれているーjava.sqlパッケージ)。

 

・JDBCドライバ

DBMSに対する直接的な制御処理を行うもの。データベースサーバへの接続や解放、SQL文の送信、実行結果の取得など。

 

・DBMS

データベース管理システム。データベースを操作するということは、DBMSに指示を送り操作するということ。そのために使う言語が、SQLです。

 

 

【大まかなステップはこうなります】

1.検索をSQLで命令!(JDBC、JDBCドライバ)

2.OK , Let's go!!(DBMS)

3.検索実行(DB)

4.結果を送信

 

基本的な記述

接続において基本的な記述です。

これぐらいは覚えておこうってな感じです。

 

SQLの場合

データの操作を命令する文

 

SELECT文 レコードを検索

INSERT文 レコードを追加

UPDATE文 レコードを変更

DELETE文 レコードを削除

 

この4つをおさえておけばOK!

 

JDBCの場合

いつもどおりJavaでクラスを作り、記述していきます。

使うクラスやインターフェースはこちら。

 

DriverManager ー DBMSへの接続準備を行う

Connection - DBMSへの接続や切断を行う

PreparedStatement - SQLの送信を行う

ResultSet - DBMSから検索結果を受け取る

SQLException - データベースに関するエラー情報の提供

 

接続してみる

 

接続にはH2 Databaseを使用します。

H2 Databaseとは!?

H2Javaで開発されたSQLデータベースエンジン。本体は1つのJARファイルだけで構成されているので、このJARファイルを追加するだけで使用できる。機能が豊富で高性能、用途は学習や規模の小さい開発向け。

 

インストール方法やテーブルの作り方は省きます、

 

DBを作成

ではまず、DBを作るため、

SQL文をH2 Database内に記述して実行します。

 

するとデータができます。

 

JDBCドライバの設置

次に、JDBCドライバを設置します。

設置方法は簡単!

 

H2をインストールした際にダウンロードされたJARファイルを、

eclipseの動的プロジェクト、WEB-INF/lib以下にコピーします。

(JARファイルは私の場合、「C:\Program Files (x86)\H2\bin」にありました)

 

これでJDBCドライバが設置され、DBとJDBCプログラムが繋がります。

 

JDBCプログラムの作成

新たにクラスを作成し、記述していきましょう。

 

主なポイントは3つ。

・java.sqlをインポート

・getConnection("xxx","xx","xx") のファイル、ユーザー、パス名を間違えない

・prepareStatement("SELECT * FROM xxx") のテーブル名を間違えない

 

ここは押さえておけば、うまく実行できるはずです!

 

実行結果はこうなります。

 

これでJDBCとDBの接続ができました。

今後も精進していきます。

-TECH
-

Copyright© 紳士は変態がお好き , 2020 All Rights Reserved.