NEWS

WIREDがテーマにした「Wellbeing」というテーマ

投稿日:

 

こいつはくらったぜ。

『WIRED』日本版VOL.32のサイトをたまたま拝見しました。
デザインかっこいい、マウスで触れるといろいろ動くからどんどん触りたくなる。めちゃくちゃセンスがいいです。

https://wired.jp/vol32-digital-well-being/

テーマもセンスがいい、「ウェルビーイング」を掲げた今回のWIRED、いつも知的でモチベーション上がる内容だけど今回はマジで熱いです。

 

ウェルビーイング

現代的ソーシャルサービスの達成目標として、個人の権利や自己実現が保障され、身体的、精神的、社会的に良好な状態にあることを意味する概念。

コトバンクから引用

 

VOL.32 のテーマは「デジタル・ウェルビーイング」
なんて有意義なテーマだろう。

編集長はこれについてこう語っております。

「デジタル・ウェルビーイング」は、苦しみや不健康を修復・回復(Recover)し、ネットやスマホに脳をハックされない「有意義な時間(TimeWellSpent)」を取り戻すという一般的定義を超えて、テクノロジーによって増幅(Amplify)され、拡張(Enhance)されていく。それは、単に生体データとアルゴリズムによる定量化や、外骨格スーツによるロボット化といった自己拡張に留まらず、他者やAIやロボット、果ては自然や宇宙との共存をも含むだろう。

(引用元https://wired.jp/2019/03/14/vol32-editors-letter/

 

どんどん進化していく世の中、その行く末で人は何に悩み何をしているのでしょうか。やらなくていいことがどんどん増えても、やるべきことがどんどん見つかっても、心配することもなくなっても、それでも人はまだ悩むのでしょうか。

Web版の記事だけでも心が揺れるほどの読みごたえがあります。

 

Love WIRED!!
Let's think wellbeing!!

-NEWS

Copyright© 紳士は変態がお好き , 2020 All Rights Reserved.