KNOWLEDGE

賢い仮想通貨のはじめかた?2018年からの戦略

更新日:

2017年は仮想通貨、主にビットコインが盛り上がりましたね!

一時期、取引量が一位に輝くほど日本では流行しておりましたが、よくわからない人ばかりが増えたように感じます。

 

今回は、ビットコインとは?仮想通貨とは?など基本的な解説をふくめ、「2018年からの戦略」と題し、私なりの仮想通貨に対する考えを伝えていきます。


【投資という行為】仮想通貨を始める前に

投資行為について

仮想通貨を始める前に、必ず注意してほしいことがあります。

それは儲けるから、流行っているからという安易な理由で仮想通貨に手をだすのは危険だからです。

本来、通貨として役割を果たすべき仮想通貨は、現在急増する投資のせいにより投機市場と化しています。為替に近い市場と見られたり、金と変わる商品取引という見方もあったり様々ですが、確実に投機市場になっているのは誰の目から見ても事実です。

 

ですので、通貨としての購入という認識よりは、投資という認識で購入するのがベストです。

そこで投資という行為が身近ではないかたのために、基本となる考え方を伝えます。

 

1.お金が目的ではなく手段であること
2.よくわからないもの、理解していないものには投資しないこと
3.最終的には自分の判断で行動をすること

1番が、投資に取り組む姿勢。2番が、投資先をきちんと調べ上げること。3番が情報に流されないことを指しています。

これ以外にももちろん重要なことがありますが、基本的にはこの3つを体に理解して投資という行為をしましょう。

2017年末の高騰について

2017年のなかばから、ビットコインはどんどん価格が上昇していきました。どう見てもバブルですが、何も考えず買った人たちはただ儲かるという思いで購入され、下落の予想もつかないほど白熱していたように思えます。

行動にうつすのは素晴らしいことですが、すでに価格が上昇しているもの(しかも急激)に乗っかることは賢明とは思えません。流行にのるのではなく、流行を待ち伏せした投資のほうがよいのではないでしょうか。

人間は、ひとつひとつの行為の積み重ねで人格がつくられています。依頼心の強い行動ばかりを重ねると自立した人間にはなれませんので、くれぐれも自分の行動には気をつけましょう。

 

【仮想通貨の価値】ビットコインとは?

仮想通貨の定義

まず、仮想通貨の定義を知っておきましょう。

2014年、欧州銀行監督局は仮想通貨を

「デジタルな価値の表現で、中央銀行や公権力に発行されたもの(不換紙幣を含む)でないものの、一般の人にも電子的な取引に使えるものとして受け入れられたもの」

と定義しました。

つまり、国以外で発行されている通貨でなおかつみんなが使えるものになります。これは金融の歴史上、革命的なことであります。

ビットコインとは?

そしてビットコインとは、仮想通貨の1つです。仮想通貨=ビットコインではありますが、仮想通貨はビットコインだけではありません。すでに有名になっているリップルコインやイーサリアムも仮想通貨となります。

ビットコインが有名になったのは、仮想通貨市場をきりひらいた開拓者としての名誉もありますが、重要なのは初めに発行された通貨としてのビットコインではなく、ビットコインの開発により画期的なシステムが生まれたという点です

聞いたことのあるかたも多いと思いますが、その画期的なシステムとは「ブロックチェーン」のことです。

ブロックチェーン(英語: Blockchain)とは、分散型台帳技術、または、分散型ネットワークである。ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースである。ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。

(引用:Wikipedia ブロックチェーン)

この「ブロックチェーン」を使うことで、セキュリティがより安全になったり、海外送金が容易になったりしました。

そのため使用したい人が増え、ビットコインの取引量が増えていき、価値が上昇しました。

人に求められているものの価値が上がるのは世の常ですね。ビットコインもそうして上昇していきました。

上記の説明では不十分ですがここで仮想通貨とビットコインの説明は終わります。仮想通貨やビットコインについてもっと詳しく知りたい人は、

コインポスト

↑こちらのサイトをご参考にしていただければと思います。私もお世話になっているサイトで、毎回新しい発見があって楽しいです。

仮想通貨の価値

さて、仮想通貨の価値はどこに求められているのでしょうか?ビットコインでは海外送金が容易といった点などがあげられましたよね。では仮想通貨自体の価値って何なのでしょうか?これについては至極簡単な答えが個人的にあります。

それは、どれだけ世界を1つにできる通貨かといった点だと思います。

私たちが普段使っている通貨だと、国によってちがうので場所によって換金しなければなりません。しかし、仮想通貨が日常化すればもう国の発行する通貨は必要ありません。つまり世界の通貨は1つになるということです。

仮想通貨市場にはたくさんの通貨があります。その中でどの仮想通貨が長期的に利用できて信頼が厚いのか、そういった視点で見るのがベストだと思います。

まだ仮想通貨市場ははじまったばかりです。この見方はあやまっている可能性もありますので、自分の目でしっかり仮想通貨市場を見てみましょう。

 

仮想通貨で儲ける戦略

これについては2通り考えています。以下で解説します。

完全放置型

言葉通りです。自分で調べて信頼した仮想通貨に対して、ある程度の額を換金して放置するやり方です。

投資する対象としましては、すでに価値の高いコインではなく、価値は高いがまだ市場に評価されていないものを狙います。つまりある程度、有名なコインはさけます。

ここで重要なのは、投資した金額は一年に一回ぐらいのチェックしかしないということです。それくらい忘れたほうがいいです。ある意味、捨てた気分で投資をします。そして一年後に、増資したり現金化したりするのです。

自分の力量を知るいい機会となりますし、仮想通貨市場はこれから上昇傾向なので少しばかり上がっている可能性が高いのでリスク低めです。

積立型

これまた言葉通りです。自分で調べて信頼した仮想通貨に対して、一定のペースで換金していきましょう。

投資する対象としましては、すでに価値の高いコインで生き残る可能性が高いコインです。ちなみにビットコインには投資しないほうがよいでしょう。理由は「51%攻撃」などで調べればわかりますが、Wikipediaで「ビットコインのスケーラビリティ問題」というページを参照してもよいと思います。

ビットコインのスケーラビリティ問題

ここで重要なのは、価格が上がろうが下がろうが3年間ぐらいは投資しつづけるということです。そのぐらい長く見積もって投資したほうがいいでしょう(短いか長いかは人によりますが)。

10年、20年つづくものを自分の力で決め投資するという感覚は非常に大事です。部活に例えるならば、入部した時点で「おれは三年生のとき、インターハイで優勝する!!」と宣言するようなものですが、それぐらいの気持ちで投資したほうが楽しいと思います。

取引所について

儲けても日本円にできなければいろんな方面で利用ができません。仮想通貨が利用できる場所がもっと増えればいいのですが、3年後の未来のことはわかりません。

そのため、最近広告も出回っており認知度もアップした取引所でウォレット(仮想通貨をいれる財布)を作成しましょう。

おすすめは、取引高日本一の仮想通貨取引所のCoincheckです。国内の取引所のなかでも、コインの種類が多いので選択肢がひろいことがメリットですね。

そのほかにもいろんな取引所がありますので、自分にあった取引所を選んでみましょう。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

【超重要】情報収集のやり方

仮想通貨の世界に入るなら、情報収集は欠かせません。最近、仮想通貨を利用した詐欺が増えております。

そんな脅威から身を守るため、自分が投資しているものを知るために、情報収集は欠かせないものとなります。

私が実践している情報収集のやり方を3つご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

海外サイトを見る

仮想通貨にはそれぞれ、コインの紹介がされているHPがあります。しかし日本人にとって残念ながら、そういったのはほぼ英語サイトです。コインの発行者が中国ならば中国語になりますが大体英語です。

例えば、最近流行しているNEMコインのHPはこんな感じです↓
NEM
私は英語も中国語もできませんが、Google翻訳を利用してHPを読んでいます。わからないところがあれば、英語が読める友人に訳してもらったりしています。

自分の投資しているものを理解する上では、二次的情報よりも一次的情報の収集が欠かせません。幸運にも仮想通貨の現場はリアルではなくネットです。自分で足を運んでみましょう。

イノベーターをチェックする

これはどの業界でも同じことでしょう。例えば、堀江貴文さんはずいぶん前から仮想通貨に対してコメントをしております。そういった方を自分の目で選び、Twitterでフォローするなり、ブログをブックマークするなりして、情報を得ましょう。

知名度が高くなくてもよし、コツコツと情報を発信していることがポイントです。

個人的に好きなのは、神王TVです。いつも楽しみにしています(笑)

流れを見る

仮想通貨の流れをつかむために、アメリカや中国、韓国などの仮想通貨関連のニュースをチェックしましょう。

ニュースによって日本語に訳されているものもあると思いますが、それでは少し遅いです。日本が遅れていることを自覚して、海外のニュースサイトをチェックしてみましょう。

おすすめの方法は、それぞれの国で仮想通貨がどんな単語で使われているのかを調べ、その単語で検索するという方法です!

 

2018年以降の展望

ビットコインは衰退していくが、仮想通貨自体は盛り上がっていくでしょう。まだ市場としては小学生ぐらいで、大人にはなっていません。

しかし、注意したいのはその成長力です。生まれてから歩くまでは遅かった仮想通貨ですが、そこから小学生になるのは早かったです。つまり、高年齢に突入するのも時間の問題かも知れません。

「史上最高の投資家」と言われるウォーレン・バフェットは以下の記事によると、仮想通貨に否定的です。

バフェット氏:仮想通貨、悪い結末を迎えるのは確実

これは注目すべきことで、仮想通貨で億り人(投資によって資産が億を超えた人々)が出るのもあと数年だと予測できます。

ウォーレン・バフェットは預言者ではありませんが、本質をとらえている賢人の言葉に耳を傾けることも重要です。


以上となります。

ボリュームが大きくなってしまい、わかりにくいことも多くあったと思いますが、伝えたいことは1つでございます。

自分で調べて自分で選べ

これに尽きます。そうすれば、失敗を自分のせいにしかできないので今後の人生にプラスにすることができます。

依頼心のある行為は非常に危険だということを頭にいれて行動しましょう。お金を使うのは自己責任です。

この記事が少しでもお役にたてれば幸いです。

では、自分の人生の目的に向かって走りましょう!アディオス!

-KNOWLEDGE

Copyright© 紳士は変態がお好き , 2020 All Rights Reserved.